株式会社メディカルリーチ

漢方への取り組み

「部分を見る」西洋医学と、「全体を整える」東洋医学

西洋医学と東洋医学の違いは、このように表現されることがあります。西洋医学は"悪い部分があって病気になる"と考えますが、東洋医学では"体全体の調子が崩れて病気になる"と考えます。どちらが正しいということではありません。西洋医学に基づく薬は、効果が出るのが早い反面、副作用も出やすい傾向にあるといえるでしょう。しかし漢方薬は長い時間をかけて体質を改善し、病気を根本から治すことを目指しており、副作用も起こりにくいのです。漢方は自然にある生薬を原料としているため体にやさしく、人間が本来持っている自己治癒力を高めてくれるのも特徴。漢方が持つそのような効果を知ってもらい、多くの方に試していただきたいです。

「部分を見る」西洋医学と、「全体を整える」東洋医学
静命漢方堂 澄肌漢方堂 爽快漢方堂
ページのTOPへ戻る